サンキュ!

体力低下やしびれ、貧血になるリスクも!?じつは怖い「ビタミンB12」不足

2024年6月23日

  • 健康を維持したり、病気の予防に欠かせない栄養素。その中でも、「ビタミンB12」にはどういった働きがあるのかご存じでしょうか?

    必要量が足りているからこそ、わたしたちは当たり前に毎日を過ごせるのですが、不足してしまうといくつものデメリットが出てくることに……。

    管理栄養士と食生活アドバイザーの資格を持つライターのゆかりさんに、ビタミンB12が不足することでどのようなことが起きるのかと、効率よくとるための食べ方について紹介してもらいます。


    ビタミンB12の働きとは?


    ビタミンB12とは、水に溶けやすい性質(水溶性)を持つビタミンの一種です。

    肉や魚などの動物性食品や海藻類に多く含まれ、植物性食品にはほとんど含まれていないという特徴があります。

    そんなビタミンB12の働きは酵素の働きをサポートすること(補酵素)で、おもに次のようなことに関わっています。

    ・葉酸(ビタミンの一種)とともに正常な赤血球をつくる
    ・脳神経の機能や発達を正常に保つ
    ・たんぱく質の代謝を促進する

    また、細胞を新しくつくり出すときに関わる働きもあり、全身の健康的な機能を維持するためにも必要不可欠な栄養素となっているのです。

    続きを読む