サンキュ!

全国の主婦を取材したマネーライターが目撃!食費を増やさない人がやめたこと&やったこと

2024年2月16日

  • 食品の値上がりが止まりません。パン、油、チーズ、バターは高止まりです。卵は一時期よりかは値下がりしたものの、かつての値段よりはいまだ高いまま。「物価の優等生」と言われるほど安定した価格で、さらに「完全栄養食品」として庶民の食卓の味方だったのに……。

    家族の毎日のごはん作りは、本当にたいへんです。こんな状況でも、食費を増やさずにやりくりできている人って、いるのでしょうか?

    全国の主婦を取材して、お金に関する記事を数多く手がける村越克子さんが、食事を増やさない人が「やったこと/やめたこと」を解説します。


    やめたこと1:夕飯にみそ汁をつけるのをやめた



    食費が安い人は「一汁三菜」にこだわりません。おかずは基本的にメインとサブの2品でOK。肉や魚など動物性たんぱく質のメインと、野菜のサラダ、煮物、和え物などのサブがあれば、栄養バランスは合格です。

    おかず2品なら献立を考えるのも簡単ですし、作る手間も軽減。必要な食材も少なめですむので買い物がラクだし、買う食材も少なくてすみます。

    みそ汁はハンパ野菜を使い切りたいときや、余力があるときだけつければOKです。

    続きを読む