サンキュ!

旬食材を食べて運気爆上がり風水!小松菜を食べて○○運をあげる! 【Dr.コパの風水解説】

2024年2月13日

  • おいしくて安い旬の食材は家計の味方です。とくに、2月に旬を迎える食材は、寒い冬の間に栄養分をたくさん蓄えているので格別においしいです。

    旬の食材は風水的にはどうなんでしょう?運気アップに効果があるのでしょうか?

    風水の第一人者Dr.コパに、「旬の食材の風水パワー」について教えてもらいました。


    運がいいとは季節感があること


    そもそも運がいいとはタイミングがいいことを言う。タイミングがいいから、ここぞというときにチャンスをものにできるんだね。

    反対に、運が悪い人はタイミングが悪い。このタイミングでやってはいけないことや、言ってはいけないことを、やらかしてしまうのがタイミングが悪いということ。ふだんはうまくやっているのに、肝心なところでヘマをする人は運が悪いからなんだよ。自分に思い当たることがあるなら、今すぐDr.コパの開運風水をやらなくちゃね。

    食べ物に関する「旬」とは、魚介類、野菜、果物などのもっとも味のよい出盛りの時期のこと。つまりタイミングが絶好調のときだね。旬の食材を食べるということは、食材が持っている旬のパワーを体内に取り入れるということ。だから、1年じゅう季節ごとの旬の食材を食べよう。パワーがもらえるよ。

    さて、2月が旬の食材が持っているパワーを教えるよ。

    続きを読む