サンキュ!

真冬は使いかたが変わる!年明け前後で変化する白菜を存分に活用するコツを野菜ソムリエが解説

2024年2月10日

  • 秋のうちから出回り、春先まで出荷量の多い状態が続く白菜。
    長い旬の期間を持つ白菜ですが、年が明けた頃から出荷される白菜の味わいが変化していることをご存じでしょうか。

    今回は、野菜ソムリエ・気象予報士・防災士の資格を持つ植松愛実さんが、年明け前と年明け後で変わる白菜のおすすめ調理法を解説します!


    秋~初冬の白菜は「みずみずしい」


    白菜料理

    白菜の出荷は例年10月頃から次第に増えますが、年内に出荷されるものはみずみずしく、葉がやわらかいのが特徴です。
    そのため、生で食べるのに向いています。

    サラダにしてもおいしいですし、浅漬けや、塩昆布和えもおすすめ。
    葉の部分はザク切りに、軸の部分は薄くスライスすることで食べやすくなります。

    また、加熱して食べる際も、サッと短時間で茹でたり炒めたりするのがおすすめです。


    真冬の白菜は「甘み」が増す


    白菜料理

    年が明けて、1年でもっとも寒い時期を迎えると、葉や軸が分厚い白菜が多く出荷されるように。
    そのため年明け以降は、じっくり時間をかけて加熱するのが向くようになります。

    火がしっかり通った白菜は甘くなるだけでなく、トロトロの食感に。
    煮物はもちろん、白菜は洋風の味つけも合うので、グラタンやスープもおすすめです。
    白菜に含まれている食物繊維やミネラルは熱に比較的強く、しっかり加熱しても壊れにくいのもうれいしところ。

    鶏肉や豚肉などの肉はもちろん、ベーコンやウインナーとの相性もよいため、筆者はよく、“ベーコンと玉ねぎのコンソメスープ”の玉ねぎの代わりに冬はザク切りの白菜を入れています。

    続きを読む