サンキュ!

梅雨は掃除に不適と思っていない?じつは梅雨に掃除すべき場所を気象予報士が解説

2024年6月21日

  • 1カ月以上つづく雨のシーズン、梅雨。曇りや雨の日が多くて、掃除もはかどらない…と思っていませんか?
    じつは、じめじめしている日にこそやったほうがいい掃除があるのです。

    今回は、野菜ソムリエ・気象予報士・防災士の資格を持つ植松愛実さんが、梅雨シーズンの掃除のコツをお伝えします。


    窓ガラス・網戸


    窓

    窓ガラスの掃除を晴れの日にやってしまうと、ガラスの温度が上がっているために掃除用のスプレーが拭きとり終わらないうちに乾いてしまい、跡が残ってしまいます。
    また、晴れの日だと明るすぎてがガラスの汚れがよく見えず、掃除しづらいのも難点。
    そのため窓ガラスの掃除は曇りの日が最適です。

    また、網戸の目に詰まった汚れはカピカピに乾燥しているため、晴れて空気が乾いている日だとなかなか取れません。
    曇りや雨で空気が湿っている日を選んで掃除するのがおすすめです。


    から拭き掃除


    掃除

    棚やタンスの上に溜まったホコリは、水拭きすると汚れをすりつけるだけできれいにならないため、から拭きがおすすめ。しかし、晴れている日にそういったから拭きをすると、空気が乾燥しているためホコリが舞いやすくなってしまいます。
    そのため、曇りや雨の日のほうが適しています。

    なお、ホコリが舞い上がりにくいとはいえ、まったく舞わないわけではないため、雨が降り込まない程度に換気をしながら掃除してください。

    続きを読む