サンキュ!

【旬食材】パプリカは色ごとに味も栄養も違うって知ってた?国産の旬を堪能するコツを野菜ソムリエが解説

2024年6月21日

  • ふだんは輸入ものが中心だけど、初夏から夏本番にかけては国産が多く出回るパプリカ。
    黄色やオレンジ、赤など複数の色がありますが、何色を買うかどうやって決めていますか?つくる料理の見た目か、あるいは好みでしょうか。

    じつはパプリカは色ごとに、味も栄養も違います。
    今回は、気象予報士と料理人の2足のわらじを履くライター・植松愛実が、国産パプリカの季節をめいっぱい味わうためのコツを解説します!


    βカロテンがたっぷり!赤パプリカ


    料理

    赤色があざやかな赤パプリカは、唐辛子にも含まれるカプサンチンや、にんじんなどオレンジ色の野菜に含まれるβカロテンが豊富。
    とくにβカロテンはほかの色と比べてダントツで多く含まれています。

    カプサンチンは抗酸化作用のある物質で、新陳代謝も高めてくれるためダイエットの味方でもあります。
    そしてβカロテンは肌や目の粘膜を守ってくれる物質なので、紫外線が気になる時期にぴったりです。

    また赤パプリカは、パプリカのなかではもっとも糖度が高い種類です。
    甘味が強いパプリカが好きな場合は、赤がおすすめです。

    続きを読む